2010年11月12日

番外 深夜に語るアニメ"攻殻機動隊"ファン


ダウンロードリンク

ituneshenotorokukokokara.png

■11/12配信 毎週日曜深夜にライブ配信している当番組のUstream版"Apple Newstreamワンボタンの声"でふとしたことからアニメ"攻殻機動隊"についてファン目線から語ってみようということになりました。たまたまUstreamサービスの不調でこの配信の録画が残せなかったため音声だけを配信Macで録音しておき編集して今回の配信になりました。
やまむら、魚井先生、小嶋晶子さんの3人によるトークです。



☆Kitcutさんオンラインストアでクリスマスキャンペーン開催中


★小学館の雑誌「DIME」のアプリレビューサイト"AppDIME"11月1日オープン!
※ワンボタンの声やまむらの寄稿有り

30日無料体験版

LOVE LOCAL 地元CMコンテスト2010
エントリー作品への一般投票募集中!!

この配信をお聞きいただいた方にだけ判る補足リンク

攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX公式サイト
ghostintheshellofficial.jpg


「草薙素子に永遠の愛を」-『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0』初日挨拶
(2008年7月マイコミジャーナル記事)


「電脳超合金タチコマ」がバージョンアップ
(2008年11月ITmedia LifeStyle内記事)


原宿のユニクロにタチコマが...
(フォト蔵 setcion9さん投稿)


ユニクロオンラインストア 攻殻機動隊S.A.C.×UT ¥1,500〜





番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。
11月のテーマはMacとiPod,iPhone,iPadのファイト一発。iPadを買うためにへそくり貯めつつ気合いでお昼ご飯抜く生活、とか受注した仕事を成功させるためにMac proをローンで購入した、とかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリの下の方にあるcommentボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)
posted by ワンボタンの声制作委員会 at 00:00| Comment(3) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山村さん、魚井先生、松尾さん、いつも楽しい配信ありがとうございます。

攻殻機動隊SP、とても面白かったです!
いまでも私にとって一番好きなアニメなので嬉しかったです。

Twitterでは報告しましたが、こちらでも報告します。
先日「まだ買えず我慢している」と投稿しましたが、

Macbook Pro 15インチ Core i7 を 149,800円で見つけてしまい、我慢できず買ってしまいました!
(お店で開封のみの新品です)
(おまけでマジックマウスまでつけてくれました)

今回Twitterで購入したことをtweetしてみました。
そうしたら、

「おめでとう」
「ようこそ」

といった、tweetをたくさんもらいました!!!

MBPを購入できたことも嬉しかったですが、皆さんからのtweetに感動しました。

少し早いですが、自分に贈る
「誕生日、クリスマス、そして、一年程患っていた病気からの復活祝い」
にしたいと思います。


購入のきっかけとなってくれた山村さん、ありがとうございます!
完璧な洗脳でした(笑)

これからも iPod、USTREAM ともに楽しみにしています★

ーーーーーーーーーーーーーーー
長文、乱文、失礼しました。
Posted by めい at 2010年11月14日 21:14
二度目のコメントになります。
前回コメントさせていただきましたが、今回MacbookAirを購入し、セッティングしておりますが、safariを初めて使用しています。ワンボタンのWebでYouTubeとPodcast再生部のプラグインが見つからないと表示されます。どのプラグインをダウンロードすればよいのでしょうか。教えていただければ幸いです。お忙しいかとは存じますがよろしくお願いいたします。
岩手県は寒くなって参りました。それではお体に気をつけてください。
Posted by ブンシュン at 2010年11月14日 22:17
お疲れさまです。
sunayokoでございます。
今回の攻殻機動隊スペシャル。おもしろかったですね。
私も、士郎正宗氏が自分と同年の数日違いの生まれあることもあり、この作品の大ファンで、コミック、テレビ、映画すべてを見ました。
皆様のおっしゃっていたように、ここのところのコミック市場では、大人が昔を懐かしんでハマってしまうようなものや、中途半端な若者や学生向けのものが多く、この作品のような最初から大人が夢中になるようなものが少ないことを悔しく思っています。
その意味では、なぜ今回の皆様の話のなかで大友克洋氏が取り上げられなかったのかと思いました。士郎正宗氏も大友克洋氏に大きな影響を受けたことは明白ですから。

また、話の中ででてきた「うる星やつら」、私これも大好きで、サンデーコミックの全34巻持っていますよ。
士郎正宗氏の全単行本は多く見積もっても10数巻なので、やっぱりこっちのほうがえらいでしょう(笑)。
押井守氏の「ビューティフルドリーマー」は、高橋留美子氏は気に入らなかったようですが、今でも私の生涯映画ベスト10に入る傑作だと思っています。
特に夢邪鬼を演じた藤岡琢也氏の関西弁は最高でした。
そういえば、品川庄司の品川氏がこの作品好きだと言っているのを聞いたことがあります。
それでは、またこのような番外編を強〜く期待しております。
Posted by sunayoko at 2010年11月15日 12:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。