2013年03月28日

810回さらばオープンリール


ダウンロードリンク

ituneshenotorokukokokara.png

■3/28配信 みつををまねて作れるappみつをメーカー 〜気持ち伝わる、ぬくもりのメッセージ〜 - HENTAI KAMEN、5/1からAppStoreではRetina非対応やUDIDを採用したアプリに登録もアップデートもできなくなる、アプリ1本公開ごとに100ドル報酬のキャンペーンを米MSが開始、BlackBerry CEOがiOSを時代遅れとインタビューで発言、のニュースをとりあげました。 後半はリスナーさんからのコメントをご紹介しています。


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売開始!!くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg


monstar.fmでもダウンロード販売中
ワンボタンの声 | monstar.fm


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク

東京ミッドタウンでイチハラヒロコ展「期待して当たり前なんだし。」開催中(マイナビニュース)

・Podcast ver1.2.1Podcast - Apple
podcasticon1.png




番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。
3月のテーマはMacとiPod,iPhone,iPadの半分こ。会社の机の上にMacと周辺機器を並べて仕事をするうちスペースを取りすぎて隣の人との半分境界線をひくことになった、とか 夫婦そろっておでかけの時はモバイルバッテリ一台を半分ずつ使えるように2つあるUSBのポートをそれぞれの使用者で決めている、とかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリの下の方にあるcommentボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)
posted by ワンボタンの声制作委員会 at 03:13| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Podcastアプリですけど、iTunes Storeにないポッドキャストは、検索窓にポッドキャスト用のRSSを入れると登録できますよ。
Posted by ポトフ at 2013年03月31日 00:50
ヤマムラさん、マツオさん、ウオイ先生、こんにちは。
いつも自家用車通勤の車中で楽しく拝聴しております。Yonekichi_mk2と申します。
はじめてコメントします。

810回配信では、私の駄tweetを取り上げていただき、ありがとうございました。
中学生の頃、SBSラジオの番組「パソコンアタッククラブ」(静岡ローカルですいません)でハガキを取り上げられた時のような嬉し恥ずかしい気持ちになりました。
Macにも、WindowsのCorelDRAW Essentials みたいなソフトがあれば良いんですけどね。

さて、その810回配信で、国内で正規に販売しているWindowsPhoneについて一瞬触れられていたので、いてもたってもいられなくなりコメントさせていただきます。
国内のキャリアが販売しているWindowsPhoneは、auのIS12T、1機種だけです。2011年の夏頃だったかの発売で、富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製です。
ワンボタンリスナーのなかでは極めてマイナーかもしれませんが、私はそのユーザーの一人です。

auからiPhoneが出た頃、やっぱりiPhoneかなと思って家電量販店でホットモックを触っていたのですが、iPadに慣れていた私には、アイコンの間隔などから全体的に狭い印象を受けてしまい、購入に踏み切れなかったところ、ちょっとWindowsPhoneを触ってみたら意外といい感じだったので、半月ほど悩んで購入しました。
私の初MacはPerforma6210ですが、世の中Windows95で湧いていた頃に、Macに惹かれて行ったのと同じような感覚だったかもしれません。

WindowsPhoneは、iPhoneのようにハードウェアは1社独占(?)ではありませんが、MSがリファレンスデザインをガッチリと定義しているようで、Androidのような、「何種類の画面サイズ/チップに対応すればいいんだぁ!」的な苦労は無いようです。また、iOSのように、各アプリケーションはOS内で悪さしづらいように制約が掛けられていたり、アプリの配布はMSの審査を通ったものだけがWindowsPhone Storeのみで公開されるという、これまたどこかで聞いたような世界になっていて、比較的安全に使うことができるのも利点です。

ただ、後発でユーザーが少なく市場規模も小さいのか、MSが1アプリに100ドル配りたくなるくらいに、開発者が少ない&アプリも多くないのが現状のようです。
さらに、ブラウザはIE Mobileなのですが、これをスマホと思ってくれないサイトがほとんどで、スマホなのにスマホサイトにお目にかかることは滅多にありません。大抵は、ケータイサイトかPCサイトにリダイレクトされる始末。FirefoxOSが出てくれば「第3極」なんていわれ、WindowsPhoneの存在といったら、まるで空気のよう...。

そんなWindowsPhoneですが、結構気に入って使っています。
まずはPeople Hub。アドレス帳とFacebookアプリとTwitterアプリが1つになったようなOS標準機能で、タイムラインをザーっと確認したり、アドレス帳に載っている特定の人とのメッセージの履歴を追ったりするのに大変便利です。いまでこそiOSも、Twitter連携、facebook連携がありますが、それより前の時点でいい感じにOSの機能に落とし込まれています。
次に、母艦との同期がイケてる点。「Windows Phone」という、MS純正のMac版アプリを使うのですが、MacAppStoreで公開しているものです。iTunesの音楽、ビデオ、Podcast、iPhotoの写真を同期でき、iOSデバイスと近い感じで扱えます。プレイリストもOK。iTunesStoreで買った楽曲も、DRMフリーのものであれば転送可能。出張時に、普段は車に積んでいるiPod nanoを持って出かけることがめっきり無くなりました。
最後に、スタート画面。Windows8とかでもおなじみのModernUIですが、画面が狭いのならこのくらい詰めてもらったほうが小気味よさを感じます。さらに、タイル(アイコンみたいなものです)が時々クルっと回転し、Peopleのタイルなら「○件の新着」とか「○○さんが近況にコメントしました」とか表示され、facebookやtwitterのコメントがどれだけ届いているかを確認することができます。(アイコンの左上に赤い丸数字が出るのとどっちが便利かと言われたら...黙ってしまいますが。視覚効果はおもしろいです)

1年くらい使っていますが、スマホサイトが見られないとか、iCloudでiPadと同期できたら楽しそうだよなとか、FlipboardやPocketみたいな良アプリが無いとか、もっとガンバレと思うところはあるのですが、バッテリーがヘタるまでは付き合って行こうかと思っています。きっとその頃には、iPhone5Sなのか、iPhone6なのかが出ているはず(?)。残念ながら、国内での展開は失敗したとしか思えない状況なので、次のWindowsPhoneが出ることはもう無さそうですし。


長文乱文、失礼いたしました。
お三方ともお体にはお気をつけていただき、これからも末永く配信いただけたらと思います。
Posted by Yonekichi_mk2 at 2013年04月01日 22:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。