2015年03月28日

1125回日曜日は神戸でお待ちしております


ダウンロードリンク

ituneshenotorokukokokara.png

★KICHIJOJI STOREからiPhone6シリーズ用ガラスフィルム発売中!
MacのカスタマイズやApple製品のご相談はKICHIJOJI STORE

■3/28配信 番組に賞品のご提供を頂いている株式会社T.R.A.東社長に3Dプリンタによる一体成型のスピーカー開発やイングレスをフィーチャーしたバッテリその他今後の製品予定についてお話をうかがいました。Twitterアカウントでライブ配信できるmeerkat、のニュースをとりあげました。後半はリスナーさんからのコメントを御紹介しています。


★このBlogにコメントをいただいた方の中から毎週お二人の方にcheero Laptop Bag CAMPUSもしくはKICHIJOJI STOREオリジナルiPhone5シリーズ用ガラスフィルムをお一つずつプレゼントいたします。コメント本文中に"プレゼント希望"など具体的に判るように応募の旨をお書きください。土曜の配信の中で当選を発表いたします。
※Twitter、iTunesのPodcastレビュー、Facebook、メール、Ustream、mixiからのご投稿はこのプレゼント企画の対象外です。

★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク

誰でもスマホだけで世界中に生配信したり生配信を見たりできる「Periscope」を使ってみた(GIGAZINE)


番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。4月のテーマはMacとiPod,iPhone iPadの勢いでやった話。Mac Proを勢いで買ったもののいまだiTunes同期くらいしか使ってない、とか
iPhoneを勢いよく放り投げたら窓から外に出てしまって、とかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリの下の方にあるcommentボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。
posted by ワンボタンの声制作委員会 at 11:36| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワンボタンの声

 はじめまして、AUGMkobeでの公開録音後、松尾さん、山村さんには声をかけさせて頂きました、四国・高松在住のRoute193(るーといちきゅーさん)と申します。コメントは初投稿です。
  PlusからMacを使い始め(最初は大学生だったのでAppleのお店で働くことで代金を払っていました)、パソコン通信Niftyからインターネット初期の頃はホームページ(新日本プロレスとMacなど)もキチガイみたいにやってたのですが、子供が出来た2002年頃から普通のユーザーに戻りました。以上、余談でした。

 では、4月のお題「勢いでやった話」について投稿します。

 1994年、当時、私はIIcxからアップグレードしたQuadra700というのを使っていました。縦置きと横置きの両方に対応した唯一の機種である、この筐体を大変気に入っていて、CPUボードを交換してPowerPCにする日を心待ちにしていました。が、そのキットはアメリカでは先行発売されたものの、日本では未定か半年ぐらい先ということでいた。
  そんな時、大学の医局に所属していた私は、教授がアメリカの学会に参加するというので、数名で10日程度のアメリカ旅行することになりました。アメリカに行ってこのアップグレードカードを買おうというのが「勢いでやった話」です。
 と、思ったものの、英語がペラペラなわけでもなく、まだインターネットも一般的でなかった時代。特に情報を集めるわけでもなく、行きゃ買えるだろうと思っていた私ですが、何箇所か回る旅のため、ニューヨークに滞在できるのは4、5日。着いたその日に学会場の公衆電話から電話帳を調べて、コンピューターと書いてあるお店に電話するのですが、「そんなの知らない」とかで、全然、売ってる店が見つかりません。
  手当たり次第にかけてるうちにようやく、売ってくれそうなお店に当たりました。若い男の声で「OK、今はないから2日後にキャッシュでウン万円(勿論本当はドルですが、正確なのは忘れました。10万円弱?)持ってきてくれ」ということでした。私はアメリカはクレジット社会で、なんでもカードで買えると思っていたので、あんまり現金は持っていなかったのですが、なんとかかき集めて持って行きました。
 ホテルを出るとき、先輩から「本当に1人で行くん?大丈夫なん?」と心配されましたが、ホテルから歩いて行ける距離だったので、ブラブラ歩いて行きました。途中、黒人が喚きながらゴミ箱のふたで地面を叩いていたりなど、怖い場面もあったのですが、なんとかたどり着いた先は普通の石造りの古いアパートで、お店はその2階の奥。鉄製のドアには「何とかコンピュータ」と書いてありましたが、窓とかはなく何だか怪しい雰囲気、、、。と思いましたが、ここまで来て帰るのも〜と思い、意を決してドアを開けました。
 すると、中はドラムセットや自転車がおいてあるような、おしゃれなお部屋で、奥にMacが数台。どうやらショップではなく、プログラマーかデザイナーの個人事務所のようでした。迎えてくれた彼は気さくな好青年で、英語が得意じゃない私はしどろもどろでしたが無事、「PowerMacintoshアップグレードキット」を購入。大事に持ち帰ってQuadraのPowerPC化に成功しました。多分、当時の日本では早い方ではないかと思います。
 あとあと考えると、犯罪に巻き込まれなくて良かったなあと思いますが、若いからこそ勢いでやれたんでしょうね。若いって素晴らしい♩(ちなみに私は山村さんと多分同じ学年)。

 以上、長々と自慢話を書く機会を与えてくれてありがとうございます。これからもPodcast、楽しみにしていますのでよろしくお願いします。次の機会には魚井先生にもご挨拶したいと思っています。
Posted by Route193 at 2015年03月31日 11:13
追伸:
さきほど投稿したRoute193です。
cheero Laptop Bag CAMPUSプレゼント希望します〜。
Posted by Route193 at 2015年03月31日 11:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。