2015年09月05日

1194回いつも忘れる鞄に入れた弁当箱と箸箱


ダウンロードリンク

ituneshenotorokukokokara.png

各キャリアのiPhoneシリーズのご購入、MacのカスタマイズやApple製品のご相談はKICHIJOJI STORE

■9/5配信 nasneに対抗するアイ・オーのTVチューナー、Sonyからテレビリモコンにスピーカーを搭載した製品、箸箱サイズに折りたためるキーボード、純正Lightningケーブルのプロテクタが販売中、のニュースをとりあげました。後半はリスナーさんからのコメントを御紹介しています。

★Podcast"AppleCLIP"毎週金曜夕方に更新配信

★このBlogにコメントをいただいた方の中から毎週お二人の方にcheero Power Plus DANBOARD version -Block- 3000mAhもしくはKICHIJOJI STOREオリジナルiPhone6シリーズ用ガラスフィルムをお一つずつプレゼントいたします。コメント本文中に"プレゼント希望"など具体的に判るように応募の旨をお書きください。土曜の配信の中で当選を発表いたします。
※Twitter、iTunesのPodcastレビュー、Facebook、メール、Ustream、mixiからのご投稿はこのプレゼント企画の対象外です。

★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク

大竹まことのゴールデンラジオ(文化放送ポッドキャスト)
podcastotakemakoto.jpg


番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。9月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watchの私だけが知っているトリビア
初代のiMac発売前にはラジオでiMacのCMが流れていた、とかNewtonのボディはVHSのカセットと同じ大きさだった、とかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリの下の方にあるcommentボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。
posted by ワンボタンの声制作委員会 at 06:36| Comment(5) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山村さん、魚井先生、おちゃめな松尾さんこんにちは。
大量の発汗にもめげずApple Watch初めての夏を乗り越えたひろみ・ひろみっくすです。
さて、熱湯芸人のように「押すな押すな」といいながら背中を押されるのを待っているとしか思えない新MacBookラブな山村さんの背中、このひろみ・ひろみっくすに押させて下さい。
山村さんも新MacBookのキーボードやトラックパッドなどの使い心地については何度も店頭で確認なさってらっしゃる事と思いますが、実際にソフトウェアを使った作業時のレスポンスまでは確認できていないのでは?と思います。
ソフトウェアの起動自体はすでにお試しの通り高速なSSDのおかげか、同じくSSD仕様にしたワタシのiMacと較べても遜色ないスピードで起動します。
で、実際の所作業時のレスポンスにどのくらい差があるのかを体感してみたくてワタシが使っているソフトウェアの中では比較的重めなLogic Pro XとiMovieを使ってLate’13 core i5 3.2GHzのiMacとEarly’15 core M 1.2GHzの新MacBookで全く同じ作業をしてみました。
Logic Pro Xでは生録したオーディオファイルを2トラック読み込みアップルループを7トラック重ねてオートメーションで各トラックをフェードイン・アウトさせたりdelay designerやspace designerなどのエフェクトを掛けたりと言った作業をしたのですが、編集作業自体で新MacBookにストレスを感じる事はありませんでした。
明らかにiMacとの間で差が出るのは最初と最後すなわちICレコーダーからMacに音声データを取り込む時と最後に出来上がったファイルをバウンスする時です。
これはiMovieの時も同じでカメラからMacに映像データを取り込む時と編集後に書き出す時にはマシンパワーの差が明らかになりました。
ワタシにとってはその間つきっきりで画面を睨みつけてるわけじゃなく他の家事をしているので、言ってみれば放っときゃいいので気にならない、、、という事なのですが、山村さんがその部分も気になさるのでしたらオススメしにくくなります。
もう一つ付け加えるなら新MacBookが発熱するのもそのタイミング(読み込み時と書き出し時)なので、その時も膝の上に置いておかなければならない状況が多いならば益々オススメし辛い事になります。
なので、外出時の作業が途中の編集作業だけ(読み込み、書き出しはおうちに帰ってからゆっくりと)なのであれば、とても軽くて小さくて(解像度的に)画面も広くて、なによりカワイイMacBookを激しくオススメ致します。
外で使ってこんなに心地良いパソコンは他には考えられません(^_^)v
Posted by ひろみ・ひろみっくす at 2015年09月05日 16:08
ワンボタンのお三方、お久しぶりです。
さて、今月のお題。故・中江真司さんの声で読んでいただければ幸いです。

「iPodのサイズは、、、オーディオカセットと同じ大きさ。」

そう、テーマの例題「NewtonのボディはVHSのカセットと同じ大きさ」で思い出したのですが、個人的には86へぇほど行ったトリビアです(ウソ)。

しかし、もうだいぶ前に聞いた話なので真偽のほどはわかりません(をぃ!)ということで、ネットで検索したのですが、ウラは取れませんでした(をぃをぃ!!)

今にして思えば内臓しているハードディスクが設計の基本になっているのだろうとは思います。でも実際、だいたい同じサイズなんですよね。

オーディオカセットテープ 100.4 x 63.8 x 12(mm)
iPod(第5世代/80GB) 103.5 x 61.8 x 14(mm)

SONYのウォークマンにもカセットサイズがありました。iPodがカセットを意識したのが、ウォークマンを意識したのが、それとも偶然だったのか、、ジョブズが鬼籍に入った今となっては知る由もありません(をぃをぃ!!)だから私だけが知っているトリビアなのです(気合だ!気合だ!をぃをぃをぃ!!!)


(cheero Power Plus DANBOARD version -Block- 3000mAh希望です。)
Posted by プラナー35 at 2015年09月06日 01:18
山村さん、魚井先生、松尾さん

以前、PC-8001から始まった私のパソコン遍歴を投稿させていただいた湘南に住む「ゆう」と申します。
今月のお題「Macのトリビア」ですが、1995年頃に使用していたPowerMac8100(というかOS8かな?)についてのトリビアです。確か、モニター等のケーブル類が本体にきちんと刺さっていないと、「キキー、ガシャーン」というとてもリアルな車の衝突音が聞こえてきました。当時、私は立ち上げたばかりの出版社でPowerMac8100でDTPシステムの構築に取り組んでいました。ある日、DTP作業をしていると急に窓から車の衝突音が聞こえてきてびっくりしました。何事かと思い窓の外を見たのですが、外には車はなく何なのかと思いました。数日後、その時機器の購入先であり、メンテナンスもお願いしていたキャノン販売の担当者がきた時に、世間話としてこの話をしたら「それはたぶん・・」とケーブルの話を教えてくれました。その後、出版物にナレッジナビゲータの写真が使いたくて、当時初台にあったアップルジャパンに行った時にこの話をしたら広報のかたから「その通りです。そういうクラッシュ音なんです」とのコメントをいただきました。それ以降はこの音を聞かないので、マシンというよりOSにより指定されたクラッシュ音だったのではないかと思います。
これからも楽しい配信を楽しみにしています。

(プレゼントは、cheero Power Plus DANBOARD version -Block- 3000mAhを希望します)
Posted by ゆう1993 at 2015年09月07日 22:18
山村さん、松尾さん、魚井先生、こんにちは。
番組にはまったく協力しておりませんが、毎回欠かさず聞かせていただいている山形のHorictimeです。
「NewtonのボディはVHSのカセットと同じ大きさ」の話、もう気になって気になって…
先ほど、動態保存してあるMessagePad130を引きずり出してVHSカセットと並べてみました。
「ほう、幅と厚みはほぼ同じ、長さ方向に1cmくらい、はみ出しますね」
本命は初代&100形のMessagePadですから、Mactrackerで確認すると、、、微妙な感じです。
ミリで換算でVHSが188*104*25に対し、MessagePadが177*110*19
MessagePadが11mm短くて、6mm幅広く、6mm薄いことになります。
このくらいの差ですと、203*102*30のMessagePad130でも大した違いはないと思います。130の膨らんでいる手元の部分さえなければ、VHSカセットのケースにピタリ収まります。
トリビア的に言えば
「Newton MaeeagePadのボディは、VHSのテープと、、、、まぁ同じとは言えないけれど、あまり変わらない」
てな感じでしょうか。
Appleの社員手帳がどのくらいのサイズだったかは承知していません。手帳があるかどうかもわかりません。
いつか調べようと思いつつ、遅くなってしまいました。
最近、ワンボタンの声について厳しいコメントがみられます。内容はともかく、これを番組で紹介する山村さんの懐の深さに感服しています。凄いと思います。
これからも、お三人ともお体を大切に。今後も楽しい番組を期待しています。

追伸、妻がiPhone6のユーザーです、ガラスフィルムのプレゼント、まだ継続中であれば希望します。
Posted by Horictime at 2015年09月12日 13:06
山村さん、いつも楽しい番組ありがとうございます。Horictimeです。
先日のコメントではアップル手帳の件で大変失礼しました。
元ネタは、同じビデオテープのベータマックス開発の際、ソニーの井深社長(当時)が、社員手帳をとり出し、「このサイズでつくれ」と言ったエピソードからです。

当時のCEOジョン・スカリーが、「アップル手帳」をとり出し「この大きさにして~な」と英語でしゃべった。
んなわけないやろ、そもそも手帳なんかあらへん
というオチを勝手に考えてしまったせいでございます。

申し訳ありませんでした。
Posted by Horictime at 2015年09月16日 18:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。