2018年10月11日

1674回オープニングを聴いただけでわかる当番組


ダウンロードリンク

■10/11配信 、のニュースをとりあげました。後半ではリスナーからの初の音声コメント投稿と通常のコメントをご紹介しています。

★AUGM大阪 10月20日(土)開催 参加無料 途中の入退出可能 事前参加登録必須です→AUGM大阪officialサイト

★Podcast番組"Apple Clip Clip #346 マクルーハンは知っていた 前編"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク



番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。


10月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TVの夢のお話
中学生のころiMacが欲しくて何度も夢にみた とか
iPhoneの価格が高くて機種入れ替えが夢で終わりそう とか
のお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)
※音声ファイルはやまむら宛てにメールでお送りください(yamamura😊voiceofonebutton.net) ←顔マークは@に置き換えてください

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 08:37| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
以前にワンボタンの声でブログの記事を紹介してくださってありがとうございました。青福猫の日々是買物の青福猫です。
1674回でMaxのバージョン8のリリースに触れられておりまして学生時代の自分を思い出しました。
8年以上前ですがMaxを使って白MacBookにFirewireでつないだDVカムからの映像を画像認識させてリアルタイムに操作できるシンセサイザーの開発をしておりました。今となっては使い方も忘れ昔話です。
当時の夢はアルミユニボディのMacBook Proを手に入れることだったでしょうか?当時はまだMBPもThunderboltもついておらずFireWire800だったかと思いますが。。。
Posted by 青福猫 at 2018年10月11日 23:56
春先以来の投稿になります、「九十九里でスマホ教室講師やってます」たいちょ@ちば。です。

今年の受講生は全8人ですが、iPhone:Androidの比率が綺麗に1:1に分かれました。
でもiPhoneユーザーは6sの人が多く、受講生の年齢を考えるとお子さん、お孫さんのおさがりを使っている、って感じなのでしょうか。

さて今月のテーマとは大きく違いますが、最近Mac関係で面白い話題があったんで投稿します。

私の趣味の一つはジャンクパソコンを修理、改造して遊ぶ事ですが、今年の春頃、リサイクルショップでiMacのジャンク品を購入しました。
価格は3000円、メモリなし、HDDなしの状態で、どうやら2009年製のモデルの様でした(後にmid 2010と判明)。

普段はAT互換機系のジャンクをよくいじるのですけど、Macはあまり触れた事がなく、それでもIntel MacならAT互換機の部品で行けるんじゃね?と高を括って買ってみました。

しかしそれからパソコン教室/スマホ教室の事があったりとかであまりいじる事が出来なく7月頃まで放置してしまってました。

ようやく落ち着いたので、改めてこのiMacに取り掛かりました。
メモリはジャンクノートPCから抜き出しておいた2GBのメモリを2本、計4GBをあてがい、HDDも以前どっかのPCで使った2.5インチのHDDを取りあえず動作確認用に入れてみました。

そして電源ON。

リンゴマークが出てこないでどーしたかなぁ、としばらく置いていたら、不意に画面が真っ暗になり、その中央には見慣れたWindows10の起動ロゴが表示されました。

どーもこのHDD、自分ではすっかり忘れていましたが、以前Windows10をインストールしたもので、SSDに交換して以後、初期化もしないままジャンクパーツ置き場に放置してたものだったようです。

新しいデバイス上で動くWindows10なので、最初はドライバ関係のチェックが長くなりますが、一旦XGA位の解像度で起動し、ネット接続させてしばらく放置していると正しいGPUドライバを組み込み、フルHDで綺麗に表示する画面になりました。

たまたま偶然に起動しただけか、と再起動させてみると、電源ONしてから1,2分時間を置くとやはり正常にWindows10が起動します。

いやいやビックリ、iMacを直すつもりがWindows10PCを作ってしまったのでした。

当然このままではWindowsのライセンス違反になるので、ライセンスは取り直して正規のものにして、Windows PCとしてしばし使用していました。

マウスも動くしwebカメラも動きます。唯一問題なのは内蔵スピーカーから音が出ない事ですが、ヘッドホン端子に外部スピーカーを繋ぐとちゃんと音が出ました。

それとiMacはユーザーが分解してHDDを交換した場合、HDDの温度センサーが正常に動作せず、排熱ファンが異常に回ってものすごい音がしますが、この問題もwebで調べ、センサーを針金でショートさせるといいとあったのでこの通り実行し、静かに動作する様になりました。

しかししばらく使ってて、HDDが古いせいか動作がどうにももっさりしてて使いにくく感じる様になり、ならばとSSDに交換してみました。

SSDも最近は安価になりましたし、うちのPCはどれもデータをNASに置いてるので、起動ドライブは128GB程度のSSDで十分、と言う事で中古のSSDを購入してこれと交換しました。

因みにこのSSDへのWindowsインストールも他のPCで一旦Windowsをインストールした状態にしてから取り出し、iMacに移植後、ちゃんと起動する事を確認。
そして再起動を強制的3回中断(起動中に電源を落とす)させると回復インストールで起動するので、ここで改めてWindowsを初期化>再セットアップを施すという面倒なやり方をして、晴れてWindws10が正常に動作するiMacが完成、となりました。

SSDに交換してからは最近のWindows PCとも遜色ない動きをしてくれ、個人的には満足しています。

<分割するならこの辺で。>

さて、1ヶ月位はこの状況で使っていたiMacですが、不意にYoutubeでジャンクのMacBookを修理する動画を見た際に、10.6 Snow Leopardのインストールディスクが新品でAppleのオンラインストアから入手出来る、と知って、だったらやってみようか、と言う気分になりました。

早速取り寄せたSnow LeopardのDVDを上記のiMacに入れて電源を入れてみるのですが…どうにもインストーラーが起動しません。

光学ドライブ自体はWindows起動時にDVD再生もできるので動作には問題ない様に思うのですが、何度やってもインストーラーは起動しないままです。USB接続出来るDVDドライブを外付けして、ここからインストールディスクで起動させてもインストール出来ません。

このままWindows10で使い続ける事も出来るのですが、変なところで火がついてしまい、ネットの中をあれこれ調べてどうにかMac OSXがインストール出来ないか、と探しはじめてしまいまいました。
そして検索してる中で、commandキー+Rを押して電源を入れると「mac OSユーティリティ」なるメニューが起動して、ここからOSの再インストールが出来る、と言う情報を見つけました(この際にインターネット接続は必須です)。

やってみると確かにユーティリティメニューが起動し、「mac OSを再インストール」と言う選択肢が出てきます。
しかしこのメニュー、先に進めると再インストール出来るOSは10.13のHigh Sierraでした。多分このメニューを起動した際にインストール出来る最新のMac OSXが選ばれる様ですね。

Snow Leopardのディスクが無駄になりますが、元々最終的にはなるべく新しいOSにアップデートしようと思ってたので、まぁいいかと先に進めます。

インストールする為には起動ディスクを選ばないといけませんが、ここでもWindowsをインストールしたSSDしか内蔵してない状態なので、このままではインストールディスクに設定する事が出来ません。

一旦ユーティリティメニューに戻り、ディスクユーティリティからSSDの内部パーティションを削除>新規インストール出来る様に設定しようとしたのですが、これもエラーが出てしまい、中々先に進めません。

結局、Windows10のインストールUSBメモリで再度インストールする為のディスク設定をSSDに施し、この状態でmac OSユーティリティを起動させ、ディスクユーティリティから「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を実行させ、これが成功した事でHigh Sierraのインストールが可能になりました。

あとは画面表示に従って粛々と操作を進めていく事で無事インストール完了です。
こうしてこのジャンクiMacは購入から約半年を経て、本当の意味でのMacパソコンとして蘇る事が出来ました。MojaveへのアップデートはMetal APIの機能を持たないこのiMacでは出来ない様ですので、それが必要になった時には買い替えを考える必要がありそうです。

Windows10で使用している際には残念だった内蔵スピーカーもちゃんと音が出る様になり、YoutubeもNASに保存してる動画データも問題なく音付で再生出来ました。

Windowsで使用しているソフトもいくつかインストール出来ました。
Chrome、Office365、Dropbox、OneDrive、Skype等はそのままインストール出来ましたが、Windows3.1の頃から使っている秀丸エディタとNextFTPがMac OSでは動作しないのがちょっと残念、な所でしょうか。またFacebook Messengerも純正アプリがなく、Mac App Storeから互換アプリのFree Chat for Facebook Messengerをダウンロードしました。

ここまで出来る様になると、何となく次はブートキャンプでWindowsとデュアルブートする環境作り、若しくはVM Wareかパラレルスを使って仮想環境下でWindows10環境を作る事になりそうですが、それをするにはSSDの容量が128GBではちょっと心もとないですね。
やるなら256GB位のSSDに換装してから、になりそうです。

相変わらず長々と書いて申し訳ありません。でも最近は長いコメントは2日に分けて分割で読んでもらえそうですので、いつもの調子で長文投稿しました。
Posted by たいちょ@ちば at 2018年10月12日 10:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。