2018年10月20日

1678回XRは予約しましたか?私はまだです


ダウンロードリンク

■10/20配信 中国不正チップ疑惑で全面否定するAppleとAmazonを米政府が支持する声明、Googleがリアルタイム翻訳対応Pixel USB-C イヤフォン=3456円で発売開始、iOS12のSafariでファビコン表示をを切り替える、Apple Pencilよりお安い専用スタイラスCreyon8800円で一般販売、SDカードを入れたお守りを販売するお寺、スウェーデンのチャルマース工科大学が暑い夏の熱量を変換して保存し冬に使うエネルギー貯蔵システムMOST研究中、ニュースをとりあげました。後半ではリスナーからの初の音声コメント投稿と通常のコメントをご紹介しています。

★AUGM大阪 10月20日(土)開催 参加無料 途中の入退出可能 事前参加登録必須です→AUGM大阪officialサイト

★Podcast番組"Apple Clip Clip #347 GarageBand事始め 02"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク

シェラ・デ・コブレの幽霊 - Wikipedia


番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。

10月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TVの夢のお話
中学生のころiMacが欲しくて何度も夢にみた とか
iPhoneの価格が高くて機種入れ替えが夢で終わりそう とか
のお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)
※音声ファイルはやまむら宛てにメールでお送りください(yamamura😊voiceofonebutton.net) ←顔マークは@に置き換えてください

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 08:08| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
初めてコメントさせていただきます。
ずっと夢だった「スイミング」でApple Watchを使うことができました。
とても素晴らしい体験をしているので、是非シェアさせてください。

Apple Watchには優れた防水性能と、スイミングのワークアウトアプリがあるにも関わらず、日本のプールのほとんどが「電子機器」の持ち込みを禁止している為、その恩恵をうける事ができませんでした。

持ち込み禁止の理由は、主に安全上の問題とのこと。万一ガラス面がプール壁面に衝突し割れたりすると、水を全交換せねばなりません。確かに納得です。

正確には、昨年、持ち込みを解禁したスポーツジムがあるのですが、店舗数が少なく私は試すことができませんでした。

しかし、10月1日からスポーツクラブ最大手の「コナミスポーツクラブ」がウェアラブル端末の持ち込みを解禁しました。私は会員なので早速利用してきました。

私は初代Apple Watchユーザーでしたが、持ち込み解禁の情報を入手した為、発売当日にseries4を入手しました。
プールへは、Apple Watch全体を覆う「保護バンド」が必要で、シリコン素材のものを購入し、装着しています。

私は水泳経験はなく、昨年、運動不足解消のためにスポーツジムや市民プールで水泳を始めました。私のような一人で泳いでいるスイマーは、自分がどれくらいの距離を泳いでいるのか正確にわかりません。また、タイムもプールに設置されている時計を見て何となく理解するだけでした。

ところが、Apple Watchを装着しワークアウトアプリを使えば、距離、ラップ数、ラップタイム、消費カロリー、心拍数など、バッチリと記録してくれます。

泳ぎ始める前にプールの長さを設定すれば、その後は何もする必要はありません。泳ぎ始めると自動的に計測が始まりますし、休むと「休憩」と認識され、プールの壁での折り返しや、泳ぎ方(クロール、平泳ぎなど)もApple Wacthが自動的にに認識してくれます。
もう、とても楽しいです。

水泳中は意外に心拍数が上がっていない事が分かり、「これではダイエットにならないな(笑)。もっと負荷をかけないと、、」と振り返ることができました。

Apple Watchをランニングやサイクリングに使用する方は多いかと思いますが、スイミングにも最高です。
また、series4の44mmは画面が大きく、濡れた指でも操作しやすいです。
、、ただ、今のところ、プールで私以外にApple Watchを装着しているスイマーには出会ったことはありません(笑) 今年はシーズンが過ぎたので、来年の春頃からブレイクするかしら。

これからも楽しい番組をよろしくお願いします!
Posted by ソウル at 2018年10月21日 13:52
山村さん、魚井先生、松尾さん、バルセロナ近郊で犬の散歩をしながら拝聴しているバルサです。前回、「アップルウオッチを買うように背中を押して下さい。」とお願いしましたが、このたびついに、自分で飛び込んでしまいました。これで夢にまで見た全ての機器のアップル化がかないました。今回、アップルウオッチを購入して変わったことが3つあります。一つは、iPhoneを見る回数が半分に減ったことです。例えば、スケジュールを全てiPhoneに入れて後は、それを30分前にアラームが鳴る設定をすると、スケジュールがアップルウオッチに表示され、アラームが鳴るので、うっかりスケジュールを忘れても大丈夫です。またFitbitの時は、画面が小さかったので、歩いた距離、歩数、カロリーメイトなどいつもiPhoneで確認していたのに、アップルウオッチを見ればそれで分かるなどです。そしてきわめつけは、バルセロナではほとんどのお店はデビットカードで支払いができるのですが、これもアップルウオッチで出来るのでいよいよiPhoneを取り出すことが無くなりました。二つ目は、次のスケジュールまで少しだけ時間あればそれを有効に使えることです。たとえば30分がある時、アップルウオッチに25分のアラームを設定すると次のスケジュールのことを忘れて25分間他のことができます。三つ目は、air podsとの組み合わせで、ボリュームコントロールが出来る、電話への対応がアップルウオッチを見て、air podsで応答することができることで、これもiPhoneを取り出すことがなくなる要因になりました。山村さん、松尾さんはアップルウオッチをお持ちですが、この手のお話はあまりなかったように思います。毎日、使い込めば使い込むほどアップルウオッチの便利さが理解できるようになりますよ。山村さん、今回は、iPhoneよりアップルウオッチを購入されることを強くお勧めします。私は、これで、MacBook pro、iPad pro、iPhone、AirPods、apple watch4の完全制覇の夢が叶いました。
これから寒くなりますが、末長く番組を続けて下さいね。
Posted by Shiro Kitajima at 2018年10月25日 08:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。