2019年03月14日

1735回MacBook Proは今日も快調で配信作業


ダウンロードリンク

■3/14配信 サードパーティ製バッテリー搭載iPhoneでもAppleのジーニアスバーと正規サービスプロバイダーでの修理対応開始、AppleがMacBook Pro (2018)でフレキシブルケーブルの問題でディスプレイ下から光が漏れ出すFlexgate問題を密かに修正、MacにThunderbolt 3デバイスを接続したとき「Thunderboltアクセサリを使用できません」という通知が出たらケーブル要確認、アップルが日本で4000人を雇用し、80万の雇用を生み出していることを発表、、のニュースをとりあげました。 後半はリスナーからのコメントをご紹介しています。


天然の香り、安らげる光。 快眠サポートツールSleepion3

★Podcast番組"Apple Clip #363 あまのがわで監督と"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク

【ロボコップ】No.33 この世で1番ロボコップを愛する男 ジャンクハンター吉田


マイティジャックOP full



番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。

3月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TVの捨てたもの
初代iMacから使っていたパソコンラックを処分してMac miniに置き換えた とか
iPadのためのモバイル契約をやめて室内専用に使っている とか
のお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)
※音声ファイルはやまむら宛てにメールでお送りください(yamamura😊voiceofonebutton.net) ←顔マークは@に置き換えてください

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 07:36| Comment(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みなさまごきげんよう たいちょ@ちばです。

最近レントゲン写真を貰う/貰えないの話がよく話題になりますね。

私も4年前の2015年暮れに左手首を亀裂骨折、はく離骨折した事がありますが、その際に撮影したレントゲン写真を下さいとお願いしたら

「実費でよければ」

と言う事で、CD-Rに焼いたものを貰いました。

今時はレントゲン写真もデジカメ撮影で、撮影後すぐに先生の机のモニタに転送されます。
それを見て、これデジタルデータなら分けてもらえるんじゃないかな、と思って申し出たところ、上記の様に実費で配布してもらえました。因みにお値段は2000円ちょっとです。

中身の方ですが、初診と再診の2回撮影した写真10枚と閲覧の為のビューワーソフトが入ってました。

データの方は拡張子の無い専用のもので、このビューワーを使わないと閲覧できない様になっているのですが、画像出力のメニューがあり、これによってbmpやjpegに書き出す事が出来ます。
画面表示も上下、左右の2分割表示、4分割表示、最大4倍までの拡大表示が出来ます。

骨折の一番酷い部分が映ってる写真はこの出力機能を使ってjpegに書き出しFacebookに投稿したり、Dropboxに保存してまだ固定している状態の頃に

「こないになってんでぇ」

って見せびらかして遊んでました。

骨折そのものは1ヶ月程度で修復出来、今では日常生活にはほぼ影響はありません。
まぁ今でも時々、多少の違和感を感じることはありますが。

医療現場もデジタル化が進んでいますが、この病院では先生、看護婦の他にもう一人、先生の秘書の様な方が診察室に同席しており、先生の言葉、患者の言葉を一言一句漏らさずキーボード入力しておりました。

おそらくもう少ししたら音声入力の機能が向上して先生の首の辺りにはマイクが付き、患者にも指向性マイクが向けられ、一言一句自動速記されていく事でしょうね。


いいんだか悪いんだかよく分かりませんね。
それでは。
Posted by たいちょ@ちば at 2019年03月15日 10:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。