2019年07月23日

1791回iPhoneで夜空を撮ってSNOOPYをさがす


ダウンロードリンク

■7/23配信 Appleがポッドキャストでもオリジナル番組製作を計画中かも、Apple Watch心拍数モニターのおかげで英男性が心臓の早期手術が受けられた、クックCEO Twitterで京アニ火災について哀悼の意を表明、Apple TV+限定配信Snoopy in Spaceのトレイラー、米Timeのアポロ11号月面着陸を追体験ARアプリ、SHOWTIMEとiTunesでゼラルマジック社のドキュメタリー映画https://www.generalmagicthemovie.com/、のニュースをとりあげました。 後半はリスナーからのコメントをご紹介しています。



天然の香り、安らげる光。 快眠サポートツールSleepion3

★Podcast番組"Apple Clip #378 経営学もデザイン思考 前編"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク

Peanuts in Space: Secrets of Apollo 10




番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。

7月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TVの半分にした話
兄弟でふたりともiPod touchが欲しくて買った1台を半分ずつ容量を分けて使った とか
展示品のiMacを新古品で購入する際に状況が変わり定価の約半額で購入できた、
とかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 10:18| Comment(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みなさん、こんにちは。
いつも楽しい番組を配信くださり、ありがとうございます。

今月のお題「半分にした話」について、この夏一番の話題映画、新海誠監督の「天気の子」を観てきました。私は前作「君の名は。」で監督の大ファンになり、新作が公開されましたので早速観てきました。
「君の名は。」に負けない、とても、とても、とても!素晴らしい作品でした。
10代の男女の恋愛が柱に物語が進むものの、最近の異常気象について「地球が狂ってきた」という現代人の勝手な思い込みを、「それは本当か」と考えさせられる、非常に深い作品です。

ところで、この作品にはApple製品が沢山登場するのです!物語の設定が2016年頃とのこと、当時のiPhone7, MacBook, AirPods, iPad, しかもSmart Keyboardも!
物語の重要な人物に、雑誌のライターさんが登場するのですが、彼らがMacBookや 、iPadとSmart Keyboardを使う場面が何度か観られます。
もちろんiPhoneはたくさんの場面で登場します。

前作の「君の名は。」では、スマートフォンが重要なアイテムだったので多く観られましたが、背面のマークは「オレンジのマーク」で、あくまで「iPhoneっぽいスマートフォン」(笑)でした。

しかし、「天気の子」では、どの製品もバッチリAppleマークが付いていて、ノートパソコンにはしっかり「MacBook」と記載されていました。また、登場人物は全員iPhoneを使用していました。

これはAppleが「天気の子」に協賛しているのは間違いなさそうです。
私はエンドロールにAppleがクレジットされているのかなあ、と思い探してみたものの、Appleの名前は見つけられませんでした。
ただ、よくよく考えると例え協賛していてもAppleがエンドロールに名前を露出する事はないでしょうね、、。

単にブランドの使用を許可しただけなのか、「天気の子」に協賛しているのか、真実は「中の人」にしか分かりませんが(笑)、この作品を通じて多くの人がApple製品に関心を持つキッカケになるのは間違いないと思います。

「天気の子」はとても良い作品ですので、ぜひ劇場でご鑑賞ください。映画にお詳しい皆さん、「天気の子」のようにApple製品がたくさん登場する作品を、他にもご存知でしょうか?
Posted by ソウル at 2019年07月24日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。