2020年01月18日

1865回Air podsケースにもデコレーションは流行るかな


ダウンロードリンク

■1/18配信 AirPods充電ケースへの刻印サービスで絵文字も選択可能に、Apple TV+が今年後半にSony/LG/VIZIOのスマートTVにも対応予定、CES2020に出展されたトイレに紙を届けるロボなど、CESで発表されたSony製自動車の内部センサー、CES2020でSamsungのブースにAIを用いて作られたリアルに動く人間モデルディスプレイに明和電機っぽいひとが、弓月ひろみさん動画レポート=CES 2020レポート話題のアクションカメラ「Insta360 ONE R」を見てきた!、のニュースをとりあげました。 後半はリスナーからのコメントをご紹介しています。

★AUGM 大阪 January 2020開催! 2020年1月25日 (土) 10:30 〜 18:00 大阪工業大学梅田キャンパス OIT 梅田タワー 2階 セミナー室 203にて
参加費無料 ですが事前の参加者登録が必要です オフィシャルサイトからのリンクでご登録をお願いいたします。

天然の香り、安らげる光。 快眠サポートツールSleepion3

★Podcast番組"Apple Clip #399 Adobe MAX入門 後編"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク



番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。

1月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TVの見違えたお話
iPadをうっかり落として傷だらけにしたので修理に出したら新品同様で見違えた とか
古い写真をMacでレタッチしたら思い出の風景が見違えるようになった、
とかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 08:33| Comment(3) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山村さん、松尾さん、魚井先生、大変ご無沙汰しております。
新メンバーの三浦さんhaluさんスミーレさん、はじめまして。
おはようございます。
ロンドン在住のLONDONWILDです。
新メンバーでの放送も脂が乗ってきた様で、いつも楽しく番組を聴かせて頂いております。
久しぶりの投稿になりますが、第1864回の放送で、話題になっていたTomb Raiderの切手の件で、ん、ロイヤルメールという聞き慣れた単語が飛び込んできたので、これはコメントするしか無いと思いコメントさせて頂いている次第です。山村さん、宜しければ購入してお送りしますよ!
TwitterでLONDONWILDでやってますのでDMして頂くか、メールでも構いませんのでご連絡頂ければ、お力になれると思います。
週に3回の放送は色々と大変でしょうが、これからもお身体には、ご自愛頂き
楽しい放送を期待しております。
2020年も皆様の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
では。

LONDONWILD
Posted by LONDONWILD at 2020年01月18日 22:59
番組中でお話のあったMacのカタログですが、写真に撮りました。Twitterに載せましょうか?
Posted by 木村 貞孝 ラットフィンク at 2020年01月19日 10:47
何年かぶりにコメントします。
2020年問題は世界的ですが、日本では2025年に昭和100年問題が来るかもしれません。
昭和の末期、当時の今上天皇の体調が天気予報のようにテレビで放送されていました。
その頃、私は大型汎用機で市町村役場向けのシステムを担当していました。
COBOLで作られてプログラムがXデーに備えて修正をしていましたが、令和に変わる時とは違い、次の元号が何になるのか日付も不明でした。
日付を西暦で扱うようにすれば良いのではと思われるかもしれませんが、役場関連はすべて和暦でなければなりません。
年を2桁でしか扱わない汎用機ではすぐに2000年問題が来るので、昭和のままで運用を続けると決定したプログラムが何本かありました。
新元号に対応したくてもソースが紛失しバイナリしか残っていないシステムなどです。
入力データの新元号の日付を昭和の日付に変換して処理して、出力結果を新元号に変換するという手法です。
当時の担当者達は、問題が発覚する頃には最低でも担当を変わっているか、年齢的に考えて定年退職しているだろうと思っていました。
令和になっているので、そういうシステムは残っていない事を願っていますが、当時、昭和40年代に作られたプログラムが平気で動いていた事を考えると、まだ生き残っていているかもしれません。
Posted by 論理計 at 2020年01月25日 17:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。