2020年04月21日

1905回iPhoneSE登場は自宅の暇つぶしに貢献する


ダウンロードリンク

■4/20配信 、のニュースをとりあげました。 後半はリスナーからのコメントをご紹介しています。

天然の香り、安らげる光。 快眠サポートツールSleepion3

★Podcast番組"Apple Clip #408 新MacBook Airを一刀両断"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク




番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。

4月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TVの守った話
会社の機材として使うMac miniが別部署に移されると思い上司にMacの買い足しをお願いした とか
自分の使う新型iPad proを狙っている子供になんとか旧型iPhoneで我慢してもらっている、
とかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 13:49| Comment(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山村さんコメンテーターの皆様こんにちわ
今回はMacでなくスーパーカブの話です。
 第1903回でアメリカの軽飛行機の名前使われていたとお話ししていましたが、アメリカで「スーパーカブ」の名称を使えなかったのはそれが原因なんです。(既にスーパーカブの商標は使われていた)
それ故アメリカでの「スーパーカブ」の名称は「HONDA50」で社名がそのまま車名になっていて(なんてことはご存じかと思いますが...)
ビーチ・ボーイズは"All Summer Long"の歌詞に登場させたり、リトルホンダって曲も歌ってましたね。(小学生の頃バイク屋(自転車屋)の友達の家でホンダが営業用に置いていったリトルホンダのソノシートを聞かせてもらった記憶があります。[ ジャケットはアメリカ版のポップなパンフレットだったような...])
 私の実家には配達用にスーパーカブがあり、多分2台目だと思うのですが1966年から20年ぐらいC50を使ってたような気がします。(いい加減なメンテでも壊れないんです20年目で電装がどうしょうもなくなったこととオヤジが年なので廃車にしたようですがオヤジ曰くエンジンはまだ大丈夫でホンダは素晴らしいと言ってました!)
16歳で(*1956年生まれ)原付免許を取った時に乗り回したのも実家にあったスーパーカブでした。
配達用のデカい荷台でセルモーターなんか付いていなくてキックか押しがけで乗っていて、変則ペダルを半踏みしてガンガン吹かしたままペダルを放しウィリーやったりしてました。
 社会人になって勤めたのが信用金庫だったものですから営業時代の数年間スーパーカブのお世話になりました。
当時は月500Km以上は走ったかと思いますが走りすぎでチェーンが伸びちゃってよく締めてもらてましたが、今のカブの耐久性ってどんなもんですか?
 スーパーカブとMacの共通点は右側にあり、取り敢えず右手だけで運転できるのがカブ:セルもウィンカーもブレーキもアクセルも全部右ハンドル(出前で岡持を持つために左に操作を持っていかなかったと言われていますねー今は捕まっちゃいますね)
右側にアイコンが並んでいるのがMacのデスクトップ、難しいことを考えなくてもそこそこ動かせてしまうところも、クラッチがないのもMacのワンボタンに通じるところ(無理矢理)...ヤッパリ基本設計がしっかりしているものは名器となるんですね。
それでは皆さんが(カラダもMacも)怖いウィルスに感染しないことを願っています。
さようなら。
Posted by グッチ at 2020年04月26日 15:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。