2020年05月28日

1921回MacBook ProはメモリもSSDもできるだけ最大仕様で


ダウンロードリンク

■5/28配信 、のニュースをとりあげました。 後半はリスナーからのコメントをご紹介しています。

●夜はぐっすり、昼寝でスッキリ。どこでも使える超小型ワイヤレスプレーヤー"NEM"

★Podcast番組"Apple Clip #414 キーボードでモテモテ"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク



番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。

5月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TVのキャンセルのお話
Macの予約注文をいれておいたけど事情が変わってなくなくキャンセルした とか
Apple Watchで入れた予定がすべてキャンセルになり予定なしの表示が出たままになっている、
とかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。 このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 08:24| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワンボタンの声の皆様、こんにちは。およそ5年ぶりの投稿となります、テルドアと申します。
今月の「キャンセルのお話」で、ちょっとした小ネタです。
昨年購入したiPhone11の特典でAppleTV+の1年間無料サブスクリプションに登録した際のこと。登録初日には何の問題もなく番組を視聴できたものの、翌日にはなぜか視聴不可となってしまいました。具体的には、再生ボタンの代わりに「Apple TV+のサブスクリプションに登録」ボタンが現れ、これを押すと「現在サブスクリプションを利用中です」がボタンが出て、さらにボタンを押すと再び「Apple TV+のサブスクリプションに登録」ボタンが現れる・・・の無限ループの発生です。
解決しようといろいろ試行錯誤する中で、iPhoneの「設定」アプリを開き、「Apple ID」→「サブスクリプション」と進んでApple TV+を選択したところ、キャンセルに関する次のような文言が目に止まりました。「このトライアルを最有効化することはできません。」正しくは「再有効化」で、最の字が誤植ですね。細部にこだわるAppleらしからぬミス・・・
先日、公開されたiOS13.5でも、この誤植はそのままになっています。どんなに早く登録した人でも無料トライアル終了までまだ半年近くありますので、そもそもこの画面を確認する人は少ないのかもしれませんね。Appleはバグを発見をした人に高額の賞金を支払っていますが、誤植を発見した人にも何かくれないかなあ。
ちなみに、Apple TV+の無限ループは、一度icloudからログアウトすることで無事解決しました。あまり作品数が多くないApple TV+ですが、個人的には「リトル・アメリカ」がハートウォーミングでおすすめです。機会がありましたら、皆様もぜひご覧ください。
Posted by テルドア at 2020年05月29日 18:32
山村さん 皆さんこんにちは 紙芝居師のエフワンです。
AUGM大阪ではご無沙汰でした。
今月のテーマ「キャンセル」ですが・・・
安倍さんが10万くれると言うので3月末にipadpro12.9を購入しました。
そして4月にMagic keyboardの注文が始まり5月中旬の到着を心待ちにしておりました。
その間のワンボタンで魚井先生がパスとおっしゃってギクリとしていましたが、
5/15に無事到着。開封の儀をすませ、開いた瞬間「あっ!しまった。」・・・
そう、日本語のJISキーボードだったんです。
昨年のmacbookpro購入時では画面でキーボード選択があり、UKキーボードをせんたくしました。
あ、そうかキーボード購入はキーボード選択はないんですね。
そういえば言語という選択がありましたよね。ああああと悩むこと2日。
Apple pencilの不具合でサポートに電話した時に、
「私が悪いんですけどUKに交換できませんか?とダメ元で聞いてみました。
すると1週間以内なのでキャンセル返品して、再度購入してください。とのお言葉・・・
ビックリでした。無事返品送付も完了。返金も終わりました。
1日半ほど魚井先生の言葉がよぎり躊躇していましたが、無事UKを注文6月上旬の到着を待っています。今までの何十年のApple歴で初めてのキャンセル返品でした。
6月から事務所ワークも始まりますのちょうど間に合いそうです。
これからも放送頑張って下さい。
Posted by 藤井 一 at 2020年05月29日 21:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。