2020年09月10日

1966回iPadで深夜に映画を同時視聴もいい


ダウンロードリンク

■9/8配信 、のニュースをとりあげました。 後半はリスナーからのコメントをご紹介しています。

●夜はぐっすり、昼寝でスッキリ。どこでも使える超小型ワイヤレスプレーヤー"NEM"

★Podcast番組"Apple Clip #428 コロナに負けない教育環境って? 後編"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク




番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。

9月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TVの念願がかなったお話
ながらくiPhoneに憧れていてやっと去年アンドロイドから乗り換えできた とか
Mac proと機材をそろえて自分だけの音響スタジオを作った、
とかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 07:39| Comment(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9月のテーマ「iMacの念願がかなった話」がありましたので、本当に久しぶりにコメントに書き込みます。

今年で11年目に突入のiMac。まさにワンボタンを聞き始めた頃と同時期なので、かなり愛着を持って日々使っていました。
ここ最近、虹色クルクルになる事も増え、その度に(そろそろ新しいiMacに買い替えたいなぁ)と思っていました。が、毎回別件で大金が出て行く事もあり、なかなか買い替えに踏み切れませんでした。

8月最後の月曜日にいつも通りに使っていたiMac、目を話した隙に画面全体がポツポツ画面となり、再起動をしても再起動画面がシマシマ状態から先に進まなくなりました。
3月からのコロナでの自宅待機以来、写真の整理をしないと(iCloudまかせ)、せめてバックアップぐらいしないと〜とは思っていました。(記憶の限り、一度バックアップを外付けにしたような?)タイムマシーンはオフにしたっきり。
あまりに急な出来事で、果たして iMacに保存されていたもので 何が大切で必要だったのかも思い出せない状態。

翌日の火曜日に今一度、iMacを立ち上げてみた結果、起動音はするもののシマシマ画面。
確か店頭にiMacが置いてあったなぁ〜と、トイレットペーパーを買うついでにお店に向かいました。(Costcoです)
店頭にあった21インチは2種類。Retina 4K画面のお値段1,499ドル、HDDの999ドル。 
お店に向かう前にAppleのサイトを調べた際、1,099ドルが21インチがあったけはずだけど、お店の店頭には無く。 なんとなくお店で買う気持ちがなくなり、それでもトイレットペーパーは買って自宅に戻りました。

ツイッターでお店に置いてあった SDDの4K画面とHDDの21インチの事を呟いたら、本当にありがたいことに「いもぬ」さんから、アドバイスをいただきました。
いもぬさんのアドバイスを元に、Appleのサイトから注文をしようかと、画面の小さいiPod touchで購入寸前まで進めましたが。
オレゴン・ポートランドのダウンタウン店舗は現在も続いているデモで店舗が荒らされて以来閉店中。他の店舗で実機を引き取れれば?とサイトを見ると「オレゴン州内の全てのアップルストアーで、iMacの店頭引き渡しは行っていない」との表示。
それなら、自宅に届けて貰えばいい!と、Appleのサイトで進んだ結果「配達予定は9月末」!
約1ヶ月待たないと、iMacが届かないのは、流石に辛い。

大手の家電店とかなら、在庫があるかとは思ったのですが。
3月からの自宅待機、現在もお店に入店する際のマスクの着用、店内の人数制限、もしかして店内での一方通行等を考えると、普段あまり行かないお店に出かけるのも憂鬱に。
意を決して火曜日の夜に、トイレットペーパーを買ったお店のオンラインで、21インチの1,099ドルの iMacを注文しました。(店頭にあったHDDの999ドルはやめておきました。)
Appleよりも早く届くはずなので。

翌日の水曜日の朝。iPod touchの小さい画面でメールを確認していると、昨晩オンラインで注文したお店からの「注文変更メール」が来ているではないですか?
メールの内容を確認すると、衝撃の「注文キャンセル」。
えぇーーーー? なんで、どうして? とメールを読んでも、オンラインでの注文のプロセスで問題があった為と。

早くも、たった一晩でiMac購入が泡のように消えた、注文キャンセルメールです。
それも、かなり一方的な。

朝からショックを受けたので、気晴らしに庭仕事の道具が地元のサイトで安く出ていないかな〜〜と、あてもなく地元の個人売買のサイトへの放浪の旅に向かいました。
地元の個人売買のサイトはNextDoor(ネクストドアー)とCraigslist(クレイグスリスト)、あとはFacebookのマーケットがあります。
NextDoorは近所周辺の実名で、あらゆる情報交換や個人売買が掲載できる場所です。
近所なので、安心感はあります。
なんと、このサイトに私が購入を決めていた「コードレスのバッテリーで動く芝刈り機」が出ているではないですか!
早速、出品者に連絡をして、返事が来るのを待つ間。もう一つのサイトCraigslistでもボンヤリと庭仕事周りの物を検索。
芝刈り機の出品者からの連絡が来ないので、待っている間に勢いでCraigslistで「iMac 21.5インチ」で検索。

居住する郵便番号での登録制のNextDoorと比べると、Craigslistは誰でも出品しているものを見ることができるため、他の州からや海外からの問い合わせでの詐欺などのニュースもあったりします。
その心配もあるので、自分も出品者の大雑把な位置情報を確認はしますが。
Craigslistのたくさんの中古のiMacの出品情報をぼんやりと見ていると、、、
「未開封 NIB iMac 21.5インチ」のタイトルとiMacの箱の写真が!
NIBの意味が分からないので調べると、New in Box (新品)。

まさか〜〜、え〜〜?
と思いながら、出品情報を見にいくとiMacの箱のあらゆる角度の写真と、シリアル番号を隠した写真が。
(これって、箱だけ本物で、箱の中身はそれらしく重みをつけるために石でも入っているんじゃないの?)の不安を抱えながら、出品者のコメントを読むと
「自宅で勉強をすることになった子供のために、子供の祖母がiMacを買ってくれたけれど、子供は既に新しいMacBookを使っている。新品なので200ドル割引。現金のみ。真剣に購入を考えている人のみ」

芝刈り機の出品者に連絡をした勢いがあったので、(箱の中は石が入っていたら、どうしよう。iMacが入っていても、外箱と異なる中古のiMacが入っていたらどうしょう等々)の不安を抱えながらもiMacの箱ばかりの写真の出店者に連絡!

午後には芝刈り機とiMacの出品者からの連絡が来て、翌日現金を持って、会うことに。
NextDoorでの芝刈り機の出品者は、引越しが決まっている出品者の自宅で会うことに。
CraigslistのiMacの出品者とは、芝刈り機ほどの個人情報を交換しない上に、名前だけ見ても男性か女性かわからないし、、。下の名前(First Name)と携帯番号を交換して、隣町のショッピングモールの駐車場で会うことになりました。
期待と不安が物凄いです。

そして、緊張の木曜日。
最初はiMacの出品者に会うために、ショッピングモールに向かいました。
ほぼ時間通りに、連絡のあった車種の車が来て、車から出てきたのは女性でした。
名前が「ロビン」さんなので、男性か?女性か?が分からなかったのですが。
雰囲気がいい感じの女性だったので、話を聞くと

自宅で勉強をすることになった15歳の娘に、「義理の母親」が勝手に購入して送ってきた。できれば、現金の方が良かった。
自分の母親ならまだ色々と言える所だけど、旦那側の母親が相手なので、文句も返品もできない「八方塞がり」状態だと。
娘さんは既にMacBookを使っているし、他の家族もそれぞれのMacを持っている為、義理の母親が送ってくれた新品のiMacを開封もせずに持て余していたそうです。

話を聞いて、箱を確認すると本当に未開封でした。
現金を渡して、iMacをゲットしました!

月曜日に10年使っていたiMacがダメになって、火曜日にオンラインで注文、水曜日に注文がキャンセル、そして木曜日には私に新しいiMacがやってきました。
家に戻ってiMacの開封をして、改めて確認をすると。
売り手の人は200ドル割引と話していましたが、実は購入したiMacはAppleのサイトで1,499ドルで販売されている機種のため、自分にとっては300ドル割引で購入ができた事に。

午後には芝刈り機の出品者の自宅に向かい、操作方法を簡単に教えてもらい、芝刈り機を引き取りました。芝刈り機の持ち主さんは生まれ故郷のイギリスに家族で戻るそうです。


長くなりましたが、ここ数年の念願が意外な形で叶いました。
コードレスのバッテリー稼働の刈った芝も集めてくれる芝刈り機、そして「新しい」iMac。
ワンボタンの声のリスナーさんの繋がりがあっての、今回のApple製品、iMacです。
長くなりましたが、いつも配信ありがとうございます!
これからも、聴き続けます。

おれごんオババ

(慌ててコメントを送ります。西海岸で発生している山火事の影響で、避難準備の地区になっています。もし万が一、避難になった場合は車にiMacを詰め込みたいと思っています。


Posted by おれごんオババ at 2020年09月12日 02:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。