2020年11月19日

1996回Apple storeに並んでお買い物をしたい2020年





■11/19配信 、のニュースをとりあげました。 後半はリスナーからのコメントをご紹介しています。







★Podcast番組"Apple Clip #430 クリエイティブの今 前編"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク



番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。

11月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TV AirPodsの最近きづいたこと
Macのフォルダを開いたウィンドウの上部にアプリやファイルのエイリアスを登録しておけることに最近きづいた とか
Airpodsのケースがちょうど机の引き出しのお菓子をいれるスペースに合うことに気づき置き忘れがなくなった、とかのお話をお待ちしております。もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 08:28| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ワンボタンの皆さんこんにちは。前回はアップルイベントについてのコメントを読んでいただきありがとうございました。今回はAppleWatch series6 についてのレビューを書きます。
 今年はWatchOSがseries2非対応なのとコロナのことで血中酸素測定が気になり、かつ自分はてんかん持ちなので去年から気になっていた転倒検出もあって買うことにしました。選んだのは44mmブルーアルミケースとグラファイトミラネーゼです。以前は心斎橋に突撃した時に在庫のあった40mmローズゴールドアルミとミッドナイトブルースポーツバンドで当時は高価だった憧れのミラネーゼを今回選びました。あまりにミラネーゼが欲しくて先代は追加で1000円台のものを持っていますが、みためはともかく何となくグネグネしてフィット感があと一歩でした。ところが今回思い切って純正ミラネーゼにしてみたらさすがにフィットしてくれました。しかし改めて比べてみるとリーズナブルミラネーゼも見た目は相当いいセンいってました。大きさは注文時は気になっていたものの実際つけてみると1日でなれました。というか文字が確認しやすく便利です。ケースのブルーアルミは意外と落ち着いた色で、個人的な印象としてはスカイラインの車体の色だと思いました。見た目以外では文字盤がほぼ全面使えるようになり色々試して結局インフォグラフの黒にしています。そしてとうとう睡眠トラッキング追加で初めてつけたまま寝るようにし問題なく眠れています。気になっていたバッテリーですが、同機種をお使いの方はご存知のとおり寝る前につけて翌日入浴前までつけても半分は残っています。ここでようやくお題の最近気づいたことですが、先日うっかりして昼ごろ残量が18%であることに気づき、でもヘルスケアのデータが取れないのは嫌なので省エネもできないと思い、明るさを落として常に点灯もオフにしてややseries2よりの状態で動かしてみると3時間で3%減でした。これはいけると思い30分ほどウォーキングのワークアウトをすると一気に8%になってしまい、夕食時にはあの省エネモードに。ということで入浴後に50%台の場合はちょい足ししてから装着することにしています。
 そしてもう一つ言わせてください。考えてみれば当然なのですが、方位磁石機能が便利そうだと思っていましたが何だか狂ったりなおったり、原因はおそらくミラネーゼバンドです。Appleのページにそんな注意書きがありました。なので今回はG-SHOCK風の保護ケース一体型バンドを貯まったPayPayで払い実質タダでGETして週末に使っています。

ということで長文失礼しました。来年は現在3年たったiPhoneXを買い替えたいと思っていますのでAppleさんどうかminiのさらなるスペックアップお願いします。みなさまコロナのサードインパクトにはくれぐれもお気をつけください、では。
Posted by Hikoboshi at 2020年11月19日 22:42
山村さんはじめ、ワンボタンの皆さん、こんにちは。
11月のテーマ「MacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TV AirPodsの最近きづいたこと」にコメントさせていただきます。
ただ、私は浅ーーーく、薄ーーーく、アップル製品に携わっているユーザーなので、もしかしたらパワーユーザーの方々からすれば
周知の内容かも知れません。【その場合はスルーして下さい。】

 私はカラオケが好きです。邦楽だけではなく、80年代の洋楽も歌います。でも英語は流暢ではありませんし、歌詞カードを見ない
と歌の内容も単語も聴き取れません。今までは、歌詞カードを片手に、iPhoneやCD、カセットテープ等をワンフレームずつ何度も
何度もくり返し再生して歌詞の発音などを覚えてきました。特に最近はiPhoneのミュージックアプリで曲を流し、スライダーを
使って数秒戻しては聴き、またスライダーを数秒戻しては聴き…の繰り返しで練習していました。
 ご存じのようにミュージックアプリは歌詞表示ができて、カラオケの画面のように歌詞が曲の進行とともに、薄ぼんやりの表示から、
白くてくっきりの表示に変わります。私はこの歌詞表示はカラオケボックスのように、曲に合わせて流れるだけの機能だろうと思って
いました。ところが偶然歌詞の一部をタップしたところ、そのタップしたフレーズが、くり返し再生できることに気がつきました。
 今までのようにいちいちスライダーで戻さなくても、くり返して覚えたいフレーズのところをタップすれば良いだけなので、以前
より数倍楽に練習できるようになりました。とは言っても、ワンフレーズ当たり20回から30回くらいタップしてくり返し聴かないと
英語の発音と音程を覚えられない状態なんですが…
 今練習しているのは、若い頃に聴いていたREOスピードワゴンの「Can't Fihgt This Feeling」と
イーグルスの「ホテルカリフォルニア」です。
ただ、今年はみんなでカラオケに行くことはできないので、当面は一人カラオケで楽しみたいと思います。

 だんだん寒さが厳しくなってきました。週三回の配信は大変だと思いますが、体調管理には十分気をつけてこれからも番組配信を
続けていただけたら幸いです。

(今回は、一応このホームページ内では非公開でお願いします)🙏m(_ _)m
(関連したiPhoneのスクショを♯obtにあげておきます)



Posted by マユノボリ at 2020年11月23日 14:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。