2021年03月01日

【日曜特番】3人だけのフリートーク 16ème


ダウンロードリンク

■日曜特番 進行役のやまむら抜きでの三人フリートークです。(この回はhaluさんお休みでやまむらが入ってます)


※opening music "黄色の世界"(松尾さんオリジナル曲)
ending music 「お米何合入れたっけ?」のうた


●夜はぐっすり、昼寝でスッキリ。どこでも使える超小型ワイヤレスプレーヤー"NEM"

★Podcast番組"Apple Clip #444 未来の博物館はこうなる"


★好評発売中"#One Button Tunes 2007-2012 〜ワンボタンの声オープニング&エンディング曲集〜"


★iTunes storeにてくちびるプリーズダウンロード販売中くちびるプリーズ - EP - ワンボタンの声
kuchibirupleaseicon.jpg

monstar.fmでもダウンロード販売中


・配信をお聞きいただいた方にだけわかる補足リンク




番組ではリスナーのみなさんからのコメントをお待ちしております。

2月のテーマはMacとiPod,iPhone iPad,Apple watch Apple TV AirPods HomePodのさんざん迷って選んだもの
MacBook Airの11インチと13インチを迷ってついに両方いっぺんに買った とか
Mac mini購入をストレージ容量で迷って未だに古いMacBookを使っているとかのお話をお待ちしております。
もちろん、初Mac体験についての投稿がまだだったという方もお待ちしております。このエントリーの下の方にある"comment"ボタンからコメントでお願いいたします。(コメントは管理者承認後に公開になりますので非公開のままを希望される場合はその旨も御書き添えください)

※コメント投稿時にエラーメッセージが画面に出る場合がありますが大抵無事投稿が完了しています。 不安な方は再投稿してください。 本文中に長いURLなど"/"(スラッシュ)が多用されているとエラーになる傾向がありますのでその場合短縮URLサービスをご利用ください。

※Seesaa.netブログサービスが行っている国外IPからの書き込みを許可しない設定を当ブログでは解除しております。 その代わりお名前、メールアドレス、本文のいずれも空欄にしたままの投稿はできません。

posted by ワンボタンの声制作委員会 at 02:05| Comment(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
山村さん、コメンテーターの皆様、いつも楽しい番組をありがとうございます。
ご無沙汰しております。
以前にコメントを番組で紹介していただいたCookeyです。
今回はとても悲しいことがあり、山村さんならこの気持ちを理解して下さるのでないかと思ってコメントしました。

愛用していた2014年のMacBookProにBigSurをインストールすると動かなくなるケースが多いことを知り、またM1 Macか良いという情報もあった為、愛用のMacBookProが下取り対象の今のうちにM1 Macへ買い換えることにしました。

購入するとすぐにキーボードカバーを付け、使い終わるとすぐに専用バッグに入れ傷などを付けない様に大切に使用してきましたので、下取りしてもらえると思い込んでいました。
しかし、「こちらが伝えた内容と実物が相違している為下取り出来ない。」と言った内容の定型文のメールが来ただけで送り返されてきました。
ユーザー設定がされていてパスワードが分からず立ち上げることも出来ず、送り返されただけで、なにが相違していて買取できなかったのかなどの明細などは何も入っていませんでした。
買取するまでは顧客の所有物であり、何年も大切に使用してきた物を買い取らないからただそのまま送り返すなんて失礼だし、理由がわからないのもとても不愉快に感じAppleに苦情の電話をしたところ、「それは酷いですね。理由を確認しますね。」と対応してくれましたが。
担当者が変わると、下取りに出したMacBookProの詳しい情報や、いつ下取りに出したかとか、どんなメールが来たのかとかそれはしつこく色々と聞かれました。
下取り業者とこちらの言い分が違うというのであればいろいろと確認されるのも仕方ないと思うのですが、下取り出来なかった理由を確認する為だけに何故尋問の様に何度も同じことを繰り返し聞かれるのか本当に不愉快でした。
そして何日か後、「2.8GHzと言われたが、実際は2.5GHzだった。」との回答が伝えられました。
入力を間違えたのかと思って、戻っててきたMacBookProを確認しようと箱から出すと、戻ってきたときには頭にきていて気付かなかったのですが大きな傷が付いていました。
それもWi-Fiのパスワードを忘れない様に貼っていた場所で、下取りに出す直前に剥がして出した為、傷が着くはずがない場所でした。
しかも確認すると「2.8GHz」と表示されていた為、これで実際は「2.5GHz」だったとしたら、このMacBookProは不良品という事ですよね。
それとも何年も使用していると劣化して変わってしまうとても言うのでしょうか❓
再度Appleに苦情の電話を入れましたが、今現在なんの連絡もありません。
また、このように返品されることについて、今まで苦情は1件もなかったそうです。
きっと連絡がきても「お客様の貴重なご意見を…。」と言うよくある一言で済まされるのだと思いますが。

初めて購入したのがMac IIciでプリンタとソフトも含め4年のローンで購入してから今まで、いくつもApple製品を購入しとても大切に使用して来たのに、Apple社自体がこんな下取り業者を推奨していることや自社の製品を愛している顧客の気持ちも理解出来ないなんて、本当に悲しくて仕方ありません。
もう使わないとはいえとても大切にしていたMacBookProをゴミの様に扱われ、Apple自体が自社の製品を大切に思ってないことがわかり涙が出て来ました。

皆さんはこんなAppleの対応についてどう思われますか❓
Posted by Cookey(クッキー) at 2021年03月01日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。